大学生活、日頃の出来事への考察・雑記、映画やアメコミのレヴュー、トライアスロンのこと、etc.

引っ越しました!(2011年5月)
『グラスに青空』
http://glassniaozora.blog.fc2.com/

スポンサーサイト ( -------- )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リカバリー ( 2007-03-31 )

 ここ数日また更新が途絶えたのは、久しぶりの友人に会って誘われてmixiを始めたからという理由もあるのですが、もっと大きな理由はインフルエンザにかかってたからです。

 年末に予防接種を受けたのでほとんど心配してなかったのですが、ある朝目覚めたら微熱があって、しばらく休んでいたら昼ごろには40度近くまで上がってしまい、頭痛・寒気・関節痛も激しく出てきました。

 これはもしや・・・と思ってバファリン飲んで38度まで熱を下げたところで自力で医者まで歩いてゆき診察を受けたところ、やはりインフルエンザでした。B型でした。(いやA型とB型の違いとかはよくしらないのですが。)

 今は便利なもので個人医院でも10分ほどで判定検査ができてしまうんですね。医学の進歩には感心します。医者には今うわさのタミフルを処方してもらいました。

 タミフル使うと最短2日くらいで熱が収まるらしいです。私の場合も28日に発症して30日の朝にはかなり楽になりました。

 うわさの"異常行動"については特に経験はしてません。というか経験してるようならやばいですけど。まぁ私はもう21歳ですからかなりリスクは低かったといえるでしょう。タミフルはよく効いたので、皆さんもティーンエイジャーやそれ以下の年齢でなければ素直に飲むのがよいと思います。

 それにしても寝てばっかりいた最近数日間はホント、非生産的な日々でした。その分来週は頑張ろう!とはりきりたいところですが、あまり頑張りすぎるとまた体調崩すのでリハビリ的に活動再開してゆきたいものです。

 皆さんもインフルエンザにはお気をつけ下さい。
スポンサーサイト

Marvel Fan Club閉鎖 ( 2007-03-23 )

 マーベルファンクラブが閉鎖するそうです。

070323cyc.jpg 残念です。このサイト、私はしょっちゅうチェックしているわけではないのですが、今後日本におけるMARVEL公式情報サイトとして発展してゆくだろうと期待して見守っていました。キャラクターBIOSもよいペースで更新されていて、このまま続ければ数年内に主要キャラを網羅できるのではないかと思っていました。

 特に『X-MEN 原作解説』は映画『X-MENファイナル・ディシジョン』の原作となった『ダーク・フェニックス・サーガ』編と『キュア』編の丁寧な解説があるなど、映画ファンを原作コミックへいざなう重要な役割を担っていると思います。

 それにしても何故この時期に閉鎖してしまうんでしょうか。たぶん版権とか大人の事情だと思いますが。今年はMARVEL系映画も続続公開だというのに。私のように『ゴーストライダー』ちんぷんかんぷんの人がマーベルファンクラブを訪れて調べるというのに。日本でもアメコミ人気が再燃しそうなのに。残念です。

 3月末の閉鎖。一度もサイトを訪れたことのない人も、読み残しがある人も、マーベルファンクラブを是非見に行ってください。

My name is NOT Bond. ( 2007-03-21 )

 今日は春分の日でしたね。立春、春分と春っぽい名前の付いた日が過ぎてゆきますが、なかなか天気は暖かくなりませんね。

 私は今日が春分の日で祝日だってことに今朝気づきました。春休みボケです。祝日のおかげで大学へ行ってプールで泳ぐ計画が破綻したため、今日はかわりに一人ドライブをしてきました。

 今年は部活の関係で私の免許証が活躍する機会が増えそうなので、ちょっと練習しておかなければなりません。何しろ私は運転能力におけるポテンシャルがかなり低い上に普段ほとんど運転しないため、部活の仲間達を乗せてバンを運転することには大変な不安があります。

 今日は私の自転車練習コースである三浦半島を車で走ってきました。めちゃめちゃ混雑してました。私のドライビングテクニックと渋滞に対し、BGMの007主題歌集はあまりにも非マッチで何となく悲しかったです。

 それにしても渋滞はひどかった。自転車練習のときは3時間強のコースが今日は4時間半近くかかりました。トライアスリートの意地で休憩は一回も取らなかったので、帰ってきて駐車して降りたときは疲れがどっと出てきました。もっと修行しなければなりません。
 そういえば、先日友人からクリス・コーネルの『You Know My Name』のシングルCDを借りました。私は以前無料でダウンロードできるサイトを探し当ててそのMP3ファイルで満足していたのですが、やっぱり正規版は音がいい! ウォークマンで聞く分にはダウンロードしたやつで十分ですが、家で聞くならやっぱりCD版がいいですね。

 ↑どれもお勧め!

2ヶ月ぶりに ( 2007-03-20 )

 本館:ICEBLUE DAYSを更新しました。

 なんかまるで隔月誌ですね。いっそのこと『Astonishing ICEBLUE DAYS』に改名しようかな。
070320wolvy.jpg
 というのは冗談ですが、久しぶりの更新で『ULTIMATE X-MEN New Mutants』編で1話のみ登場する少年(J)の略歴を書きました。この少年のストーリーは短いながらも非常に重要なテーマを持っています。それについてはHPに書いてあるので重複はさせませんが、このストーリーでは一つ気になる点がありました。

 それはウルヴァリンの行動目的についてです。最終的にはウルヴァリンが少年の自殺を手伝った形になったと思われるのですが、果たしてウルヴァリンはもともと少年を死なせる気で来たのかそうではないか、です。

 ウルヴァリンはプロフェッサーXの指令で来ました。少年の能力はヒーリング・ファクターを持つウルヴァリン以外には耐えられないから彼が派遣されたわけですが、おそらく他のX-MENたちはこのことを知らされてないんじゃないかと思います。

 X-MENで二人しかいない大人であるプロフェッサーXとウルヴァリンが協議した結果、さらなる被害が広がる前に、そして大量殺人がミュータントの仕業だと一般人が知る前に片を付けようと思ったのではないでしょうか。

 ウルヴァリンの自己判断で少年に止めを刺すことを決めたのかもしれませんが、ULTIMATEプロフェッサーはかなり黒いので彼の命令なような気がします。

 まぁどちらにしても、今回のこの少年のストーリーは、忘れがちなX-MENの根本テーマの一つを思い出させてくれるので是非多くの人に読んでほしいです。

 本を買うのが面倒な場合は私のホームページを読むだけでもいいですが。

Ultimate Silversufer ( 2007-03-14 )

070314uff.jpg 今月のプレヴューを読んでて知りました。映画『ファンタスティック・フォー2』に合わせてか、コミック『Ultimate Fantastic Four』でもシルバーサーファーが登場するようです。

 Ultimateユニバースにおけるシルバーサーファーは、昨年のクロスオーバータイトル『Ultimate Galactus』トリロジーで初登場しました。そのときは突然羽を生やしたり、キャプテン・マーヴルに噛み付こうとしたりとびっくりさせられたのですが、ちょっと戦っただけで去ってゆきました。

 今回は『Ultimate Fantastic Four』誌でどんな活躍をしてくれるのか楽しみです。といっても私はTPBで読んでるのでシルバーサーファー編を読むのは映画の後になる可能性高いですが。

 『ファンタスティック・フォー2』の公開前までに『Ultimate Fantastic Four』の紹介なんかもやりたいなぁと考え中です。


 そういえば、ニュージー帰りの飛行機で観た映画の残り2本のうち1本は『主人公は僕だった』というコメディ。全体の作風はコメディなのですが、ちょっとドラマチックな部分もありサスペンスチックな部分もあり、最後まで飽きずに見ることができました。でもレヴューは割愛で。もう1本は『007カジノ・ロワイヤル』。レヴューは数ヶ月前に書いたので、興味ある人はどうぞ。⇒コチラ

『ストームブレイカー』レヴュー ( 2007-03-10 )

 飛行機の中で観た映画第2弾です。あまり面白くなかったのでサラッといきます。

070310sb.jpg 2006年夏に公開していた映画らしいですね。私は全然知らなかったのですが。ってことは既にDVDとか発売しているのでしょうか(見かけたことないような)。

 ((ストーリー))
 アレックス・ライダーはイギリスの高校生。ある日、たった一人の肉親である叔父が交通事故で命を落としたと聞かされる。彼の死を疑問に思い、叔父の仕事仲間であるという男をつけていったアレックスは、実は叔父がMI-6のスーパースパイであり世界で最も危険な殺し屋に殺されたことを知るのだった・・・。

 イギリスで今大人気の小説アレックス・ライダー・シリーズ第1作
映画化です。私は読んだことはない(というか作品自体を映画観るまで知らなかった)のですが、まぁ確かに派手派手なスパイ物としてはいい線を行っていた思います。超人的身体能力と頭脳、ハイテク秘密兵器を駆使した派手なアクション、勧善懲悪型のヒーロー譚といったところです。私はこの手の映画は好きなんですが、今回『ストームブレイカー』にいまいちの評価を与える理由は「主人公が子供だから」です。

 何というか、この歳になるともうなかなか少年の主人公に感情移入はできないようです。中学生くらいで見るときっともっと楽しめたんだろうなぁと思います。

 アレックスの叔父であるスパイ役にユアン・マクレガー、最も危険な殺し屋の役にダミアン・ルイス(=『バンド・オブ・ブラザーズ』のウィンターズ少佐)、敵のボスにミッキー・ローク、と私の好きな俳優がたくさん名を連ねていたので結構期待して見始めただけにちょっと残念。

 でも、作品自体の完成度は高いので、少年魂を持っている人は是非観てみてください。

※以下ネタばれ

▼続きを読む

 | △HOME | 

CALENDER

« | 2007-03 | »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PROFILE

i.w.

i.w.

引っ越しました!
『グラスに青空』http://glassniaozora.blog.fc2.com/


ヨコハマ在住大学院生。アメコミ『ULTIMATE X-MEN』読んだりトライアスロンしたりします。
ホームページ
The Uncanny ICEBLUE DAYS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。