大学生活、日頃の出来事への考察・雑記、映画やアメコミのレヴュー、トライアスロンのこと、etc.

引っ越しました!(2011年5月)
『グラスに青空』
http://glassniaozora.blog.fc2.com/

スポンサーサイト ( -------- )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ストームブレイカー』レヴュー ( 2007-03-10 )

 飛行機の中で観た映画第2弾です。あまり面白くなかったのでサラッといきます。

070310sb.jpg 2006年夏に公開していた映画らしいですね。私は全然知らなかったのですが。ってことは既にDVDとか発売しているのでしょうか(見かけたことないような)。

 ((ストーリー))
 アレックス・ライダーはイギリスの高校生。ある日、たった一人の肉親である叔父が交通事故で命を落としたと聞かされる。彼の死を疑問に思い、叔父の仕事仲間であるという男をつけていったアレックスは、実は叔父がMI-6のスーパースパイであり世界で最も危険な殺し屋に殺されたことを知るのだった・・・。

 イギリスで今大人気の小説アレックス・ライダー・シリーズ第1作
映画化です。私は読んだことはない(というか作品自体を映画観るまで知らなかった)のですが、まぁ確かに派手派手なスパイ物としてはいい線を行っていた思います。超人的身体能力と頭脳、ハイテク秘密兵器を駆使した派手なアクション、勧善懲悪型のヒーロー譚といったところです。私はこの手の映画は好きなんですが、今回『ストームブレイカー』にいまいちの評価を与える理由は「主人公が子供だから」です。

 何というか、この歳になるともうなかなか少年の主人公に感情移入はできないようです。中学生くらいで見るときっともっと楽しめたんだろうなぁと思います。

 アレックスの叔父であるスパイ役にユアン・マクレガー、最も危険な殺し屋の役にダミアン・ルイス(=『バンド・オブ・ブラザーズ』のウィンターズ少佐)、敵のボスにミッキー・ローク、と私の好きな俳優がたくさん名を連ねていたので結構期待して見始めただけにちょっと残念。

 でも、作品自体の完成度は高いので、少年魂を持っている人は是非観てみてください。

※以下ネタばれ
 主人公が少年だったこと以外に、期待が悪い方向に裏切られた、というのがありました。

 まずユアン・マクレガーが冒頭で死んだ後一度も出てこなかったこと。もう一つがダミアン・ルイスが全然活躍しないこと。

 私としては、最後にアレックス少年と殺し屋ダミアン・ルイスの決闘が始まって、アレックスがピンチに陥ったとき実は生きていたユアン・マクレガーがやってきて、ダミアン・ルイスと闘う、というパターンを期待していまして、映画の中盤以降はほとんどのそのシーンを待ち続けながら観ていた気がします。期待しすぎってよくないですね。

 そういえば、これの原作はシリーズ化されているから、叔父の死も今後の伏線だったり、殺し屋の活躍もまだまだ沢山あるのかもしれませんね。もし続編を作るならユアン・マクレガーVSダミアン・ルイスが観たいです。(たぶん劇場では観ないけど。)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iceblueweblog.blog39.fc2.com/tb.php/193-0a1db8e0

 | △HOME | 

CALENDER

« | 2017-05 | »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

PROFILE

i.w.

i.w.

引っ越しました!
『グラスに青空』http://glassniaozora.blog.fc2.com/


ヨコハマ在住大学院生。アメコミ『ULTIMATE X-MEN』読んだりトライアスロンしたりします。
ホームページ
The Uncanny ICEBLUE DAYS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。