大学生活、日頃の出来事への考察・雑記、映画やアメコミのレヴュー、トライアスロンのこと、etc.

引っ越しました!(2011年5月)
『グラスに青空』
http://glassniaozora.blog.fc2.com/

スポンサーサイト ( -------- )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2ヶ月ぶりに ( 2007-03-20 )

 本館:ICEBLUE DAYSを更新しました。

 なんかまるで隔月誌ですね。いっそのこと『Astonishing ICEBLUE DAYS』に改名しようかな。
070320wolvy.jpg
 というのは冗談ですが、久しぶりの更新で『ULTIMATE X-MEN New Mutants』編で1話のみ登場する少年(J)の略歴を書きました。この少年のストーリーは短いながらも非常に重要なテーマを持っています。それについてはHPに書いてあるので重複はさせませんが、このストーリーでは一つ気になる点がありました。

 それはウルヴァリンの行動目的についてです。最終的にはウルヴァリンが少年の自殺を手伝った形になったと思われるのですが、果たしてウルヴァリンはもともと少年を死なせる気で来たのかそうではないか、です。

 ウルヴァリンはプロフェッサーXの指令で来ました。少年の能力はヒーリング・ファクターを持つウルヴァリン以外には耐えられないから彼が派遣されたわけですが、おそらく他のX-MENたちはこのことを知らされてないんじゃないかと思います。

 X-MENで二人しかいない大人であるプロフェッサーXとウルヴァリンが協議した結果、さらなる被害が広がる前に、そして大量殺人がミュータントの仕業だと一般人が知る前に片を付けようと思ったのではないでしょうか。

 ウルヴァリンの自己判断で少年に止めを刺すことを決めたのかもしれませんが、ULTIMATEプロフェッサーはかなり黒いので彼の命令なような気がします。

 まぁどちらにしても、今回のこの少年のストーリーは、忘れがちなX-MENの根本テーマの一つを思い出させてくれるので是非多くの人に読んでほしいです。

 本を買うのが面倒な場合は私のホームページを読むだけでもいいですが。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iceblueweblog.blog39.fc2.com/tb.php/195-701f622d

 | △HOME | 

CALENDER

« | 2017-07 | »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PROFILE

i.w.

i.w.

引っ越しました!
『グラスに青空』http://glassniaozora.blog.fc2.com/


ヨコハマ在住大学院生。アメコミ『ULTIMATE X-MEN』読んだりトライアスロンしたりします。
ホームページ
The Uncanny ICEBLUE DAYS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。