大学生活、日頃の出来事への考察・雑記、映画やアメコミのレヴュー、トライアスロンのこと、etc.

引っ越しました!(2011年5月)
『グラスに青空』
http://glassniaozora.blog.fc2.com/

スポンサーサイト ( -------- )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン展レヴュー ( 2007-04-14 )

 『スパイダーマン展』へ行ってきました。
070415spiderman001.gif

 内容は映画シリーズ3作におけるコスチューム、小道具、コンセプトアートや写真付パネルの展示、コスチュームのメイキング映像放映など。映画のネタばれっぽい部分もあったので今回のレヴューではその辺は避けつつ何点か紹介してゆきます。

 それほど期待してはいなかったのですが、展示品の内容はけっこう充実していたし、展示開始してから最初の土曜日に行った割には混んでおらず落ち着いて見て回れたので楽しかったです。

・スパイダーマンのコスチューム
 スパイダーマン的ポーズをとったマネキンに着せられたコスチュームは"迫力"というよりは何だか"親近感"が湧きました。映画中はしょっちゅうCGになっているスパイダーマンが、等身大で目の前にへばり付いているもんだから。またマネキン自体はトビー・マグワイアの身体をトレースしたものだそうで、人間的な感じがするのもよかったです。思ったより胸板が厚かった。

・ドック・オックのコスチューム&アーム
 4本の巨大なアームは非常に威圧感がありました。アーム先端の光る部分や針(?)などは取り外されていましたが、重厚感溢れる(実際の素材はポリウレタンか何か)実物大のアームが見れて満足です。またパネルではCGでなく実際にアームを動かしている風景の写真などがあり興味深かったです。マネキンはコートを着てたのですが、コートからアームが出ている後姿を初めて見ました。何となく不自然な穴。

・グリーンゴブリンのグライダー
 これはカッコよかった! 映画中はグリーンゴブリンのビジュアルに惹かれてなかなかグライダーの細部に目をやることがなかったですが、実物をまじまじと眺めてみれば、隅から隅まで非常に美しいデザインになっていました。乗ってみたかったなぁ。

・ニュー・ゴブリンのコスチューム&グライダー
 ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン役)のマネキンがコスチュームを身に付けてニュー・グライダーに乗って吊るされてました。新しいグライダーは非常にスタイリッシュで、スノーボードのようなデザインでした。またニュー・ゴブリンのコスチューム自体も何となくスノーボーダーっぽい感じがしました。悪くはないのですがいまいちインパクトの足りないコスチュームな気がします。父親がグリーンゴブリンになった装置を自らも使うようですが、父親と違って精神までは冒されなかったため、グリーンの変態じみたアーマー&ヘルメットは着なかったということなんでしょうか。・・・と、あんまり深読みするのはやめときましょう。

・ブラックスパイダーマンのコスチューム
 前のコスチュームの色がチェンジしただけ、と見せかけて胸の模様が変わったみたいです。マネキンのポーズが赤青コスチュームと同じだったので、雰囲気の比較がしやすいといえばそうなのですが、どうせなら別のもっと攻撃的なポーズをさせてもよかったのではと思いました。そういえば、放映していたメイキング映像によると、第1作から第3作まで、スパイディのコスチュームはちょっとずつデザインが変わっているそうです。胸や背中のクモマークや、赤と青の色合いも。『スパイダーマン3』用コスチュームは特に色に深みを出したとのことです。

・ヴェノムのコスチューム
 これが、ほんとにもう、ショックでした。サム・ライミ監督の意向で4月17日から公開だそうです。というわけで見られませんでした。かなり楽しみにしていただけに残念。4月16日がワールド・プレミアなのでそれまでは秘密にしておきたい何かがあるのでしょうか。最新版の予告編では既にヴェノムの映像が出ているので、予告編に映っていない重要な何かがコスチュームを見ると分かってしまうということなのかもしれませんね。

 他にもサンドマンのマネキンやゴブリンの装備品などが展示されていました。またパネル展示では俳優の紹介などもあり、ジェームズ・フランコがピーター・パーカー役でオーディションを受けていたというビックリな内容も書いてありました。

 一通り見て回って展示室を出るとお約束のスパイダーマン関連グッズを販売しているコーナーがありました。といってもそんなに大したものはなく、ブリスターのほうが遥かに凄いと思います。劇場グッズを待ってみたほうが良いかもしれません。ちなみに、前回紹介したスパイダーマン・バイクジャージTシャツも何気に売ってました。

 他にもアメコミ新潮のアルティメット・スパイダーマンや、かつて日本人がアレンジして描いた漫画のスパイダーマン、他にもバットマン HUSHアルティメット X-MENなど邦訳版アメコミも売ってました。スパイダーマンは日本で最も受けてるアメコミなので、是非日本のアメコミブームを引っ張っていってほしいものです。

 というわけで『スパイダーマン展』レヴューでした。ちょっと入場料が高めですが、内容は充実しゆっくり見て回ったら1時間10分くらいは経ったので、ファンの方にはかなりお勧めです。17日からはヴェノムの展示も始まりますよ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iceblueweblog.blog39.fc2.com/tb.php/202-68a13b6b

 | △HOME | 

CALENDER

« | 2017-07 | »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

PROFILE

i.w.

i.w.

引っ越しました!
『グラスに青空』http://glassniaozora.blog.fc2.com/


ヨコハマ在住大学院生。アメコミ『ULTIMATE X-MEN』読んだりトライアスロンしたりします。
ホームページ
The Uncanny ICEBLUE DAYS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。