大学生活、日頃の出来事への考察・雑記、映画やアメコミのレヴュー、トライアスロンのこと、etc.

引っ越しました!(2011年5月)
『グラスに青空』
http://glassniaozora.blog.fc2.com/

スポンサーサイト ( -------- )

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェームズ・マーズデンの戦い ( 2008-05-05 )

080505jamesmarsden.jpg ジェームズ・マーズデンといえば、私の中では映画版『X-MEN』のサイク役が印象深く、また映画でしかX-MENを知らない人には「サイクはハンサムなんだ」という印象を与えたであろう俳優です。(もちろん、コミックでもハンサムに描かれることもありますが。)

 私はジェームズ・マーズデンのファンというわけではないのですが、X-MENでサイクを演じたことにより、最近は彼が出ている映画はどんなもんかとちょっと気にしたりもしています。で、最近観たマーズデン出演作は、『スーパーマン・リターンズ』と『魔法にかけられて』なのですが、この2作はX-MENシリーズと含めてある共通点があります。


 それは、マーズデンが女を他の男にとられている、ということです。

 『X-MEN』では、真面目で優しいサイクことスコット・サマーズを演じました。が、ご存知のように恋人同士だったジーン・グレイが後から来たウルヴァリンにとられてしまいました。一応、ジーンはスコットのことを選んだと言ってましたが、『The Last Stand』の時点では完全にウルヴァリンになびいていましたね。

 『スーパーマン・リターンズ』では、リチャード・ホワイトという、編集長の息子で仕事熱心かつ心優しい好青年を演じました。リチャードはロイス・レーンの婚約者で二人の間には子供もいる、はずだったのに、突如地球へ帰ってきたスーパーマンがロイスに熱烈にアタックをかけ、もはやリチャードは置いてけぼりとなってしまいました。しかも息子もスーパーマンの子だったし。

 『魔法にかけられて』では、おとぎの国に住むディズニー的に正統派の王子様エドワードを演じました。一目惚れし、歌で愛を確かめ合ったお姫様を助けるために、現代のニューヨークへやってきましたが、お姫様はといえばニューヨークで生活する中で、王子様への気持ちはしだいに薄れ、結局おとぎの国へは戻らず他の男と現世で暮らすという最後を迎えました。


 ジェームズ・マーズデンが連発してこのような役を演じたのは何故なのか? もし、何か私たちに伝えたいことがあるとすれば、それは「グッドガイはナイスガイには勝てない」ということでしょうね。男はハンサムで優しいだけではダメなんだぜ、というメッセージかもしれません。

 そういうわけなので、今まで目からビームを出す練習をしたりセスナ機の運転を練習していた人は、これからは手の甲から爪を出す練習や皮膚で弾丸を跳ね返す練習をしたほうがいいですよ。いや、そんなことはないですね。


 と、いうことを書いてしまいましたが、たぶんマーズデンは普通にカッコいい役もちゃんとやってると思います。機会があったら他の作品も観てみるとします。

コメント

マーズデンの当て馬伝説(笑)は有名ですよね…何もここまで徹しなくても…と思うぐらい。もしかしたら狙っているのかもしれません。
「The Notebook(君に読む物語)」という映画でも、やっぱり寝取られております。
自分でもわかってるみたいで、今度公開の「幸せになるための27のドレス」では、『やっと女の子をゲットできる役ができるよ』というようなことを言ってました。そんなマーズデンが結構好きです(笑)。

普通、こういう役どころは主人公よりは見劣りして、「寝取られて当然」という感想を持たれることも多いと思いますが、マーズデンの場合、同情するファンが多いいというところが彼の持ち味かもしれませんね。これからもこういう役にもこうでない役にも挑戦してほしいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://iceblueweblog.blog39.fc2.com/tb.php/246-f7d14e21

 | △HOME | 

CALENDER

« | 2017-10 | »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

PROFILE

i.w.

i.w.

引っ越しました!
『グラスに青空』http://glassniaozora.blog.fc2.com/


ヨコハマ在住大学院生。アメコミ『ULTIMATE X-MEN』読んだりトライアスロンしたりします。
ホームページ
The Uncanny ICEBLUE DAYS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。